ゆぐフンあおみどからの送り先日記

*

化粧品はつける順番を守る

   

化粧水や乳液をつけるタイミングにも順序というものがあり、ちゃんとした順番で使わないと、せっかくの効果も半減してしまいます。顔を洗ったら、まずは化粧水をつけます。肌を潤しましょう。
美容液を使用するのは基本である化粧水の次に使いましょう。それから乳液、クリームと続きます。

 

肌にしっかり水分を与えてから油分で肌が乾燥するのを防ぐのです。スキンケアは不要と考える方も少なくありません。
スキンケアを0にして肌そのものがもつ保湿力を守っていくいう姿勢です。けれども、メイクをする人はクレンジング無しというりゆうにもいきません。もし、クレンジングした後、そのままにしておくと肌の水分は奪われていきます。

 

肌断食をたまに経験させるのもいいですが、肌の状態を見て、スキンケアをした方がいいでしょう。スキンケアには、肌を保湿したり、適度なマッサージをすると言うことも大切です。

 

しかし、内部からの肌への働聴かけはそれ以上に大切と言えるのではないでしょうか。食べ過ぎ飲み過ぎや夜更かし、喫煙(日本では、ポルトガルの宣教師が室町時代末期頃にもちこんだのが始まりだそうです)などが重なると、どんなにいい化粧品を使用していても、肌の状態を悪化させる一方です。

 

毎日の生活習慣を改善することにより、体の中からお肌に働聴かける事ができます。

お肌ケアは自分の肌を確認してその状態により変化をつけなければなりません。
変らない方法で毎日の、「おなじでもきっと大丈夫」とスキンケアをしていればそれで大丈夫というわけではありません。

特に保湿をする必要があるのは乾燥したお肌だったり、刺激の弱いケアを生理前にはおこない、強い刺激を避けるというように区別することがお肌のためなのです。また、四季折々に合わせてケアも方法を使い分けることもお肌のためなのです。

乾燥肌の方でスキンケアで忘れてはならないことは十分な保湿です。顔の赤みにこの化粧水

 - 美肌ケア